WORKS

img1
img1_thumb img2_thumb img3_thumb img4_thumb img5_thumb

Bicycle Parking @ Commune

project
駐輪場兼商業施設
312㎡
東京

敷地は東京、国道246 号線を前面道路としながら、旗竿形状の敷地であったために不動産開発から逃れている遊休地。現状では区の自転車駐輪場として使用されているが、立地上高度利用がされているとは言えない状況である。そこで自転車文化を発信する場所として商業施設を加えたサイクルパークに改変しようという計画である。 2 年を目処とした期間限定の計画であり、法的には常設とはいえ建築としては仮設に近い性質を孕んでいる。そこで周辺に建つ中高層の既存建物を外皮とした、柔らかな「建築未満の建築」がつくれないかと考えた。大階段と駐輪場の屋上(ドーム広場)を中心とし、周囲にカフェ、商業施設を配置している。ドーム広場でイベントがおきると、周囲の建物や屋上から人々が顔を出し、集まり始める。本来裏側だった場所に新たなゲリラ型都市コミュニティが創出され、新しい自転車インフラのハブとなることを期待している。